代表 遠藤百華

駒澤大学法学部 2年


私は大学生になったら海外でボランティア活動をしてみたいという漠然とした興味でLinks!!に加入しました。

   そして、昨年の夏にスタディーツアーに参加しLinks!!に対する思いは一変しました。孤児院にいる子供たの純粋さや、ひたむきさに心を打たれ、この子達の未来や可能性を広げてあげたいと本気で思うようになりました。
   そこから、ミーティングでもたくさん意見を言うようにもなりました。Links!!での活動が私を変えてくれました。そして、今では代表となり子供達に対して自分ができる最大限のサポートを尽くしています。

 


副代表 西田未来

   東京農業大学応用生物科学部 2年





   私は海外に行ってボランティアをすることをやってみたいと思い、初めては旅行会社などが主催するスタディーツアーを参加しようと思っていました。
しかし調べて見ると海外ボランティアをする学生団体があることを知りました。
その中からカンボジアの孤児院を支援するLinks!!と巡り会いました。
   Links!!の先輩方の子供ちに対する熱い思いに感動して、メンバーのみんなが意見を出し合っているミーティングなどを見学して2年の前期にLinks!!に加入しました。
   私は昨年初めてスタツアに参加して、子供たちの満点の笑顔を見て、子供たちのこの笑顔をずっとこの先も見守りたい、彼らの成長を見届けたいと強く感じました。
本当にスタツアに行ってみて初めて気づくことがたくさんありました。
単に子供たちと遊んでいるだけではなく子供たちに支援できることは何なのかを考えて意見を出し実行して行けるのはLinks!!の最大の良さだと考えます。
   特に私は渉外と言って協賛品などをもらったり企業との架け橋の役を担っています。子供たちが必要としているものをどれだけ支援できるのかは私たちにかかっているのでとても簡単なことではありませんがやりがいがあります。
衛生面や学習環境の面からしっかり考えて行きたいと思います。
   ボランティアは継続が大事なのは良く聞きますが、半年に一度しか訪れることのできない私たち学生にできることは限られています。その中で最大限に支援できることをLinks!!で出会った仲間とともに考え実行して行きたいです。

副代表 本郷望実

法政大学理工学部 2年








   私はLinks!!のアットホームな雰囲気とボランティアに対する熱い想いに惹かれてLinks!!に入ることを決めました。
他団体に比べて少人数ではありますが、その分一人一人が積極的に活動している団体だと思います。
   実際にカンボジアに行くとキラキラした笑顔の子どもたちがいて、こちらまで元気を与えられます。また、半年ごと孤児院を訪れることで子どもたちの成長を感じることができます。
   そんな子どもたちの助けになるよう、自分たちに何ができるのかをしっかり考え行動していきたいです。
よろしくお願いします。


企業や他団体との連絡を行っています。

勉強会、スタディーツアーの日程とその後の報告会、Link!!内のレクレーション、募金、資金集めのためのチャリティーイベントやなど各種イベントを担当しています。

活動の報告としてSNS(アメブロ、Twitter、Instagram、Facebook)の更新、ムービーやフライヤーの作成などを行っています。